ねこねこ亭の小さな命を守る会

あなたが餌をあげている野良猫は、近隣に迷惑をかけていませんか?当会には、毎年多くの相談・苦情が寄せられます。他人の敷地に糞をする、マーキングをする、発情の声がうるさい、車に傷をつける、子猫を産んでいる・・・、餌やりをするのであれば、繁殖して増えないような措置を行ってください。希薄な御近所付き合いの中で、迷惑だと思っている住人の方々は、餌やりへの不満を溜め込んでいます。怒りの矛先が、あなたが餌をあげている猫に向かう前に、増やさない努力をしてください。私達は、野良猫がいない社会を目指して、東京都葛飾区・江戸川区を拠点に、野良猫に不妊手術・去勢手術を実施する活動を行っています。

アリーシャちゃん闘病記:扁平上皮癌と子宮蓄膿症とエイズキャリア:10/24

⚠️本記事は、本文中に酷い怪我の写真が含まれます。

➡️アリーシャちゃんを保護した経緯について

10月24日:退院

夕方、アリーシャーちゃんが、退院して我が家にやってきました。

玄関を入った瞬間、我が家の猫たちが、臭いで察して大騒ぎでした💦それくらい患部からは酷い臭いがしています😢

エイズキャリアという事もあり、他の猫たちとは完全隔離しました。

これからどうなるか不安ですが、できる限りの事をしてあげたいと思っています。

目標は、お腹の抜糸までの間に体重を戻す事。そして全身麻酔ができる状態まで体調を整えて、CTをする事です。

写真のエリザベスカラーが汚れているのは、膿です😔

IMG_1805.jpeg

患部からは、膿が止まらず😔

IMG_1808.jpeg

こんな状態でも、まだ食欲があるのが不思議です。我が家に到着して、焼ささみ1本と、スープパウチ2袋と、クリスピーキッス2袋を食べました🍚

膿が垂れて汚れていた体を、拭いてほぐして、櫛を通してあげたら、嬉しそうにしていました。

もっと仲良くなって、グーグー言ってくれるのを目指そう⤴️と思っていたら、腕の中のアリーシャちゃんは、既にグーグー♪と喜んでいました😭

IMG_1813.jpeg

手術ができる状態である事を願ってはいますが、8:2で難しいと思っています。

首元まで癌が進行しているだろう事。そこに通っている大きな血管を巻き込んでいるだろう事。顔の大部分を切除したとして、縫合する皮が足りないだろう事。CTをするまでの間は、それらは憶測でしかありませんが、もし癌を取り除く事ができたとしたら、それは神様がこの世で起こした奇跡の一つになるほどの奇跡になるだろうと、思っています。

出張買取くまねこ堂♪

くまねこ堂さんに不要な物を売っていただくと、私たちの活動に支援できます♪

出張買取くまねこ堂

私が使っているオススメ商品です♪猫の毛はコロコロで一網打尽💪齧り癖のある猫ちゃんには、丈夫なダンボールハウスを😺

我が家で使っている爪研ぎです♪