ねこねこ亭の小さな命を守る会

あなたが餌をあげている野良猫は、近隣に迷惑をかけていませんか?当会には、毎年多くの相談・苦情が寄せられます。他人の敷地に糞をする、マーキングをする、発情の声がうるさい、車に傷をつける、子猫を産んでいる・・・、餌やりをするのであれば、繁殖して増えないような措置を行ってください。希薄な御近所付き合いの中で、迷惑だと思っている住人の方々は、餌やりへの不満を溜め込んでいます。怒りの矛先が、あなたが餌をあげている猫に向かう前に、増やさない努力をしてください。私達は、野良猫がいない社会を目指して、東京都葛飾区・江戸川区を拠点に、野良猫に不妊手術・去勢手術を実施する活動を行っています。

葛飾区東新小岩(餌やり崩壊現場)2019年8月27日に起こった事

6兄妹で生まれた子猫のうち3匹が亡くなり、1匹に里親さんが決まって、現場には2匹が取り残されていました。

そんな中、残り2匹の兄妹にも里親の申し込みが入りました😌

これでやっと、大人猫の捕獲に専念できると安堵しながら、8月27日の夕方、子猫2匹を保護しました。そして立ち去ろうとしていた私達のところに、A家の娘がやってきて「子猫4匹がいつの間にかいたんです」と、家の裏手にある室外機のところに案内されました😔

この時、エアコンの室外機は稼働していませんでしたが・・・

IMG_9260a.jpeg
隙間には数匹の子猫がいました💧
IMG_9255K.jpeg

子猫たちに授乳していたのは、(3)番目に捕獲した女の子でした。不妊手術の際、子宮が腫れていたと先生から言われたのは、出産した直後だったからなのかもしれません⤵️

IMG_9259K.jpeg

子猫たちは、生後1ヶ月前後。

IMG_9258K.jpeg

私達も、もう一杯一杯で、どうしたら良いか分かりませんでした😭現場の捕獲と不妊手術を急がないと、出産しそうな女の子が、まだまだいます。

すごく悩みました😢

6匹兄妹だった子達が、3匹になってしまったような現場です。 私達が捕獲している最中にも「この前も5匹死んでたー(♪)」と言われるような現場です。

今日保護してあげないと、命の炎が消えてしまいそうな子がいる気がしました😔

ボラミちゃんと二人、途方に暮れましたが、保護することにしました。

不妊手術をしたこの子は、捕獲した後も、私達が行くとすぐに出てきて、何か訴えるような目で見てくるので、なんだかずっと気になっていた子でした。もしかすると、自分が産んだ子たちを助けて欲しくて来ていたのかもしれません😔

IMG_904320s.jpg

子猫たちを捕まえようとしたら、あちこちに逃げて行ったのですが、ママ猫が、子猫たちの前に立ち塞がって止めてくれたので、4匹ともすぐに捕まえることができました。

IMG_9264S.jpeg

なんとなくですが、ここにいても死んでしまうのを分かっていたから、私達に子猫を託してきたような気がしました。

IMG_9266K.jpeg

子猫たちは、すぐに動物病院へ運んで、検便や駆虫などをしていただきました。

体重は、383g、388g、442g、464gしかありませんでした😔4匹の子猫は、預かりスタッフの家に運び、ボラミちゃんの手が空いている時には、預かりスタッフと一緒にお世話する事になりました。

IMG_9267.jpeg

出張買取くまねこ堂♪

くまねこ堂さんに不要な物を売っていただくと、私たちの活動に支援できます♪

出張買取くまねこ堂