ねこねこ亭の小さな命を守る会

あなたが餌をあげている野良猫は、近隣に迷惑をかけていませんか?当会には、毎年多くの相談・苦情が寄せられます。他人の敷地に糞をする、マーキングをする、発情の声がうるさい、車に傷をつける、子猫を産んでいる・・・、餌やりをするのであれば、繁殖して増えないような措置を行ってください。希薄な御近所付き合いの中で、迷惑だと思っている住人の方々は、餌やりへの不満を溜め込んでいます。怒りの矛先が、あなたが餌をあげている猫に向かう前に、増やさない努力をしてください。私達は、野良猫がいない社会を目指して、東京都葛飾区・江戸川区を拠点に、野良猫に不妊手術・去勢手術を実施する活動を行っています。

苛性ソーダで大火傷した、たまちゃん

生い立ち

茶トラ猫、2才の男の子です。

2016年2月末に江戸川区平井で発生した多頭飼育崩壊の1匹で、私達が崩壊現場に立ち入る前に遺棄された猫が産んだ子です😔去勢手術をして、近所の方に、たまちゃんと呼ばれながら、地域猫として暮らしていました。

ママ猫は、昨年末に病気の為、亡くなりました😢

1月30日の朝

たまちゃんが、近所のメッキ工場に置いてあった苛性ソーダの容器の中に落ちて、大火傷を負いました😱

金曜の夜に工場の中に入り込み、そのまま土日を工場内で過ごしたようです。30日(月)の朝、工場が稼働した際、換気扇の近くにいたようで、その音に驚き、頭をぶつけ気絶。意識を失った状態で、苛性ソーダの容器の中に落ちました。5分程、苛性ソーダの液体に浸かっていたそうです😰

工場の方が、気絶した状態のたまちゃんを引き上げ、洗浄しましたが、意識が戻り逃走💨5〜6時間後、近所の方から知らせが入り捕獲、近くの病院で処置を受けました😔

左目の上が切れていたので縫合しました
IMG_4650.jpeg

苛性ソーダがかかった部分は、火傷した状態で、真っ黒になっていました😱

換気扇にぶつかったようで、左目の上が切れて、ぱっくり穴があいていました⤵️

ぶつかった為か、右の鼻から、鼻血が出ていました⤵️

左手、両方の後ろ足、臀部が酷く損傷していた為、そのまま入院となりました😭

IMG_4649.jpeg

2月4日

毎日、洗浄と抗生物質の投与を続けていましたが、壊死が進んでいて、進行が止らない為、先生から「最悪の場合、手足の切断や安楽死という事も頭に入れておくように」と言われました。

波うっている毛は、溶けてカチンコチンになって固まっている状態です😭

IMG_4672.jpeg

今は、まだ元気にしているけれど、筋肉や神経が徐々に壊死しいくと、痛みに耐えられなくなるので、早めに楽にするという選択肢もあるという事です。

IMG_4671.jpeg

手足を切断するという事は、1本足の猫ちゃんになるという事です。大手術です。たとえ助かったとしても、1本足でどうやっていきていくのか・・・3本足の猫ちゃんは経験があるけれど、1本足は、どうなるんだろう・・・

色々と悩みましたが、もしかしたら、こういった症例の経験がある先生がいるかもしれない・・・という可能性にかけて、他の病院にも相談をしてみる事にしました。

IMG_4673.jpeg

まだこれから先、どうなるか予測ができないので、里親募集できる状態ではありません。でも、生きて元気になってくれるようにという願いを込めて、元気になった「たまちゃん」を家族として迎えていただける里親さんを募集したいと思います。

出張買取くまねこ堂♪

くまねこ堂さんに不要な物を売っていただくと、私たちの活動に支援できます♪

出張買取くまねこ堂